【詳細はこちら】huluでハリーポッター6作品が無料で視聴可能!

ファンタビ最新作の興行収入が30億円超え目前に! 前作よりもハイペースで推移

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の興行収入

興行通信社のCINEMAランキング通信によると、11月23日より公開されたファンタビ最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の国内興行収入が、早くも30億円突破目前であることがわかりました。

また、世界興行収入も3週連続で1位をキープしています。

前作を上回るハイペースで推移

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、12月1日、2日の2日間で約57万8,000人を動員、興行収入は約7億4,400万円を記録しました。

1日が「映画の日」ということもあり、同作は公開2週目にも関わらず、観客動員数が初週の101%になるという珍しい現象も起きています。

これにより、累計観客動員数は劇場公開から10日間で205万7,356人、興行収入は28億9,137万1,400円となりました(国内)。

前作の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は8日間で動員数200万人を突破したことを考えると、2作目は前作よりもハイペースで推移しているようです。

ちなみに、世界80カ国の世界興行収入は590億円を突破しています。

ハリポタ、ファンタビの歴代興行収入まとめ

歴代のハリー・ポッターシリーズ、ファンタスティック・ビーストシリーズの国内興行収入は以下のとおりです。

    1. ハリー・ポッターと賢者の石…203.0億円
    2. ハリー・ポッターと秘密の部屋…173.0億円
    3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人…135.0億円
    4. ハリー・ポッターと炎のゴブレット…110,.0億円
    5. ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2…96.7億円
    6. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団…94.0億円
    7. ハリー・ポッターと謎のプリンス…80.0億円
    8. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅…73.1億円
    9. ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1…68.6億円

興行通信社の歴代興収ベスト100より

こう見ると、「ハリー・ポッターと賢者の石」が圧倒的な数字ですね…!!

日本のみならず世界中に旋風を起こしているファンタビ。どこまで売上が伸びるか楽しみです!

source:THE RIVER
photo:warnerbros

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。