【詳細はこちら】huluでハリーポッター6作品が無料で視聴可能!

JKローリングのアシスタント、経費を不正流用して猫2匹など購入

JKローリング

ハリー・ポッター、ファンタスティック・ビーストの原作者「J・K・ローリング」のもとで働いていたアシスタントが、経費を不正流用したとして告訴されました。

被害金額は約2万3000ポンド(約340万円)にも及ぶそうです。

事務所名義のクレジットカードで散財、金庫のお金にも手を付ける…

今回告訴されたアシスタントは、J・K・ローリングのもとで2014年2月から働いていたアマンダ・ドナルドソンという女性。

ドナルドソンは事務所名義のクレジットカード所有を認められていましたが、ある日、事務所の会計担当者が不審な明細を発見。

彼女はクレジットカードを使い、

  • 化粧品店で4774ドル(約54万円)
  • レストランで526ドル(約6万円)
  • スターバックスで2153ドル(約24万円)
  • ベーカリー店で1078ドル(約12万円)
  • 雑貨店で1950ドル(約22万円)の高級キャンドル

さらには、猫2匹を1576ドル(約18万円)で購入していたことが発覚。

また事務所の金庫に保管されていた現金約1万3000ドル(約150万円)を盗んだり、ハリーポッターファンの間で人気のある限定アイテムを複数盗むなどやりたい放題していたようです。

事件発覚後の2017年4月、ドナルドソンはすぐに解雇されましたが、その後も不正流用したお金を返すつもりはないようで、今回告訴されたとのこと。

芸能人やセレブのアシスタントが経費を不正流用したという話はよく聞きますが、事務所名義のクレジットカードでこれだけ散財すれば、すぐにバレるとわかりそうなものですよね…。。

ちなみに、J・K・ローリングの資産は2007年1月時点で1210億円

不正流用された340万円など取るに足らない金額ですが、ここまでするのは相当許せなかったのでしょうね…

source:Forbes
photo:pottermore

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。